廃墟なのに電源が供給されているタイプの怪しいロボット工場

設定上のロボット、ロボイチロウが作った楽曲、あるいは戯れ言をアップする ブログです。嫌いな物は人工甘味料です。よろしくお願いします。

カテゴリ: DTM情報

この間スクリーモ系の楽曲のアレンジとミックスをしました。
そん時に使ったミックステクニックをいくつか。

EQの罠
最近のスクリーモ系楽曲のトレンドは
各楽器ごとで出す帯域をばっつりカットすることです。

ベースだったら300khzより上の帯域
ギターだったら100よりkhz下の帯域
ボーカルだったら300khzより下の帯域
みたいに。

そんでベースはキックの後ろにさりげなくって言うのが
多いです。※キックがばっつり前にとも言える。。
60Hz辺りをQをやや広めにして削ってコンプをかけてあげれば
いい感じにキックが前にでてベースが埋もれると思います。

一時期は200khzあたりをカットしてあえてラインを埋もれさせて
低い帯域だけを支える手法がよく雑誌で紹介されていた気がしますが
特にスクリーモ系は楽器がドラム、ギター、ベース、ボーカルのみの
場合が多いので各楽器のハーモニーはしっかりわかる状態に
なっていた方が良いかなと思います。

ついでに言うとアンプシミュなんかはすでに使った時点でかなり
低音をカットされます。
マイクで録った音に使うEQレシピはまるで役に立たないのでご注意ください。

ギターのミックスで役に立ったのはDTMステーションに記載されてた飛澤正人さんのインタビュー
「2.2kHz、次に2.5kHzを7~8dBほど切っているといいよ。そこに倍音が固まりやすいので、確実に効果が出る。必要に応じて2.7kHz、2.9kHz、3.1kHzと200Hz置きに切っていくといい」とのこと。
http://www.dtmstation.com/archives/51874169.html#more
※原文リンク


さらに小技ベースをバスに送ってステレオで同時出力します。
 スクリーモ系楽曲のアレンジの基本はイントロ、サビは16分のパワーコードとコードストロークや、
オクターブ奏法等 で高域を補完。
Aメロはリズムに趣向を凝らしたギターバッキング、
あるいはルートのみを刻んだ16分(最近ルートと5度を使うパワーコードバッキングは流行らないですね) 
が多いです。

この技は特にギターが16分を刻むイントロ、サビで力を発揮します。
ベースが左右から出ることで削ったギターの低域ががっつり補完されて
厚みがますんですね。

この際僕はwavesのDoublerを使用してます。
directをゼロにしてエフェクト音だけをでるようにすれば綺麗に左右から
ベースが出てきます。

一番大事なこと
リファレンスを用意してそれに近づけるよう音を作ること。
自己流だけだといつまでたっても音を作れるようにはなりません。

 とりあえずこんな感じです。 廃棄寸前のオンボロロボットが
試行錯誤してやっている方法なのであしからず。。ガガガガガ
 

ついに初音ミクV3が発売されました。

いままで最初に発売された初音ミクを無理やりmacで動かしていた
日陰者もついにでかい顔をしながら大手を振って初音ミクをmacで
調教できるようになったわけです。
よっこの調教師!

※関係ないのですがこの間古本屋で調教師と言うタイトルの本を
 見つけてえっちな気分になったのでしたがよく見たら馬の調教に
 ついて記載された本でした。

■開封する 
29


こんな感じ。
所せましとインストールディスク入っている。
収納は日本の心

■インストールする

 ディスクごとにインストールを行います。
意外と要領を食う。
英語版が他のより容量が大きいですね。 

英語版はミクさんが凛々しいです。
カルローナって感じ。 

screenshot
カルローナ

■使ってみる 
 声質が以下に分かれています。

ノーマル
ダーク 
スウィート
ソフト
ソリッド
イングリッシュ

それぞれの声のデモは時間有る時に作ろうかな。


■ 感想                                                                 
最初の初音ミクからのバージョンアップでしたので
もはや浦島太郎状態。                                        
単音の着信音が急に16和音を使えるようになったが
如しの自由感。
久々にあった悟空が急に大きくなっていたようなクリリンの疎外感
麦茶かと思って飲んだら麺つゆだったあの夏の思い出 

・歌詞の語呂合わせが楽。
 自動的にメロディーからはみ出た単語を合わせてくれます。
・ 複数のボーカルを作成する場合も視覚的にわかりやすい
・DAW とrewaireで接続できる。
 今まではボーカロイド単体で起動、wavで書き出し、それをDAWで取り込むの三拍子
 だったのが 、作成再生!の一拍子ですよ。
 楽チン。
screenshot 2
操作画面。YES にピッチベンドを入れてしゃべってる風を演出


■気をつけたいこと
 Piapro studioが激重じゅうじゅう丸なのでDAWと同時起動しrewireするとCPUパワーを使います。
 プラグインをがっつり刺しているようなトラックで起動すると
 PCの野郎がすぐ根をあげてしまいました。
 ※imac intelcore4 32.6Zhz メモリ12GB
  studio one2  256 でやりました。
 やっぱ使い方としてはオケを2mixで作ってそのデータでボーカルデータを作成>
 WAVにして再ミックスって感じでしょうか。

 あと個人的にピッチを441khzで作ってるから ミクさんそのままのデータ使うと
 440Khzだから少し低いんですよね。 
 これ設定する方法あるんでしょうか。
 いつもwavをメロダインで取り込んでピッチ上げてて面倒くさい。。。 

 

DTMをやってる人なら一度は見たことはあるんじゃないかと思うサイト

藤本健のDTMステーション
http://www.dtmstation.com/archives/51835774.html
 

この記事でサウンドフォントについて調べ始めたんですが、
いろいろわかってきました。

■1.もともとはサウンドカードに読み込ませて
 MIDIをいい音で聞こうってコンセプトだった。

■2.サンプラーに入れれば音楽制作にもつかえる。

■3.フリーで使える音が沢山がある

■4.音源を買わなくてもいい音で曲が製作できる

■浮いたお金を募金する

■世界が少しだけ平和になる。


省いていることが沢山あるんですけど現代のDTM環境を考えると
「めっちゃ良い音で無料で音源製作ができる」
ってのを抑えるだけでオッケーです。

もともとはMIDIデータの音をいい音で差し替えるってコンセプトだったせいか
サウンドフォントを紹介しているサイトでは単品の音だけじゃなくいくつも音が入っている
サウンドフォントも沢山あるけどまぁとりあえず
狙った音だけ入ったサウンドフォントを使えばよいかと思います。


ーやってみよう
こっからが本題です。
理屈はわかっても実際に使えないと意味がないんですよ。

サウンドフォントを使うにはソフトが必要です。
まず有名どころから
KONTAKT,
BATTERY,
HAlion
この辺を持っている人はこれを使えるので
次の項目をみてください。

無料だと以下があるみたいです。
Cakewalkがフリーで配布しているsfz。※Win専用、
ProdyonのPhenome ※Win専用
他にも沢山あるみたいだけどこれがあれば十分でしょう。


-サウンドフォントを用意する。-
ソフトの用意ができたら次は音源を用意します。

とりあえずめっちゃ良いピアノがありました。
Salamander Grand PianoV2 (44.1khz16bit)
YAMAHAのC5ってピアノの音をサンプリングしているそうです。

最高峰のエレピ

http://learjeff.net/sf/sf.html

ダウンロードしたら次の項目へ
------------------------------------------------------------
サウンドフォントをダウンロードできるページが下記で詳細の解説
つきで記載されています。

⇒ミクJAM海賊団(仮名)色
さん

http://gaha2.blog52.fc2.com/blog-entry-3.html


僕が良く使うのはこのサイトです。
ユーザー登録必須ですが、音源たっぷり。ジャンル分けもされてて検索しやすいです。
http://www.sf2midi.com/


ダウンロードしたらよくわからないファイルになってた
.zip、.sfArk、.tar.gzをなどのフォーマットで圧縮されていたら
使用する前にそれらのファイルを解凍する必要があります。
------------------------------------------------------------ 
 
-サンプラーソフトでデータを読み込みます-
KONTACKT5を持っているのでそれで読み込みました。
解凍したデータにwavが入っていたのでそれを使います。
※nkiファイルがあった場合はそれを読み込むだけでインストゥルメントとして
 使用できます。

KONTACKT5をDAWで開いたら画面左の
"Database"タブをクリック。
wavがあるフォルダを指定します。

Mapping Editorを開いてキーボードにそれぞれサンプルを
貼り付けていきます。
クリック&ドロップでオッケーです。

できたら保存して終了。

―使ってみる―
これで終了です。

どうでしょうか。クオリティが高い音を楽しめたのではないでしょうか。
サウンドフォントのメリットはとにかくフリーで音が沢山出回っていることです。
和太鼓や三味線、よくわからない民族楽器等
音源をそろえようとすれば数万円かかるものも無料で手に入ります。
データを読み込ませるのに少し手間がかかりますが、それさえ済ませてしまえば
自分だけの音源として使用が可能です。

ぜひお試しください。


 

このページのトップヘ